青森県弘前市にある歯科医院 あべ歯科医院 歯周病治療 睡眠時無呼吸症候群 レーザー 小児・矯正歯科
       
 
 
 
 
 
 
 
 
 
日本最大級の医療総合求人サイト ジョブメドレー
 
 
1、成長期の患者さん
● 骨格に問題が無い場合
顎の大きさと歯の大きさの不調和が認められ、将来歯列の乱れが予想される場合は、Aの写真の状態にならないように乳歯を早めに抜歯し、前歯4本を正常に並ぶように誘導。この間、食事指導等により、顎が発育してくれることを期待し、上顎の場合、第一小臼歯の萌出まで待ちます。
不幸にして、第一小臼歯が萌出しても、歯列が小さく犬歯の生えるスペースがない場合は、ここから、2つの方法に分かれます。1つはBの症例のように装置を使って、第一大臼歯を後ろに移動させながら、拡大し、犬歯が並ぶスペースを確保し、萌出を待つ方法。もう1つはCの症例のように、装置を使わず、そのままの歯列の大きさに歯数を合わせ第一小臼歯を抜歯し、残りの歯の萌出を待つ方法。

   
・Aの写真 Bの症例 Cの症例

● 骨格に問題がある場合

この場合はまだ、成長による改善が期待されるので、顎が正常に発育するのを促す装置を装着し成長を待ちます。<写真D,E>その後歯と歯列の大きさの不調和による歯列の乱れが予想される場合は、前述の治療方法に準じます。
   
・写真D,E

2、成長がほぼ終了している患者さん

歯の大きさと歯列の大きさ、姿勢、顔貌、顎関節の状態、気道の大きさ、発語、咀嚼障害機能等、十分に診査し、永久歯の抜歯、または、歯列の拡大等を検討し、全体的に針金を使用して矯正を行います<写真F,G>
   
・写真F,G

3、乳歯の虫歯が原因で、後から生えてくる大人の歯が上の方を向いてしまい、生えてこれなくなった症例
<写真H>外科処置と矯正治療を併用して行い、<写真I>のようにきれいな状態にもってきました。
   
・写真H ・写真I
 
 
 
医療法人 弘 淳 会
あ べ 歯 科 医 院
青森県弘前市青山3の8の1
TEL 0172-37-3737
月曜日〜金曜日
午前9:30〜13:00/午後14:30〜19:00
土曜日
午前9:30〜13:00/午後14:30〜17:00
休診日
日曜日・祝祭日
駐車場完備
 
 
HOME院長紹介院内紹介咬み合わせ矯正歯科歯周病治療睡眠時無呼吸症治療| 特別な治療口臭治療 | アクセス
Copyright (C) 2007 あべ歯科医院. All Rights Reserved.